--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2005.09.17 (Sat)

日光・鬼怒川旅行第一日目 

さて、少々病み上がりですが、旅行に出かけました。
この日は、日光東照宮の二社一寺を回ります。

三猿


お昼より少し早い時間に東武日光駅に着いた私達は、ブラブラと歩いて東照宮を目指しました。
私がガイドで目星を付けたお店は、駅から予想していたより距離があったので、歩いているうちにお昼の時間になりました。

お昼は日光名物のゆばの和膳を食べました。日光のゆばは京都のゆばと違って「湯波」と表記し、掬い上げるときに二枚重ねで掬い上げるため、厚みのあるゆばになるということでした。
それを分かった上で食べてみると、確かに京都のものより歯ごたえがあるかなぁと感じました。

お腹を満たしたあと、いよいよ東照宮の見学です。
最初に輪王寺へ。中では説明をしてくれるお寺のガイドさんがいましたので、説明を聞きながら回りました。
ここには三仏堂と言って、千手観音、阿弥陀如来、馬頭観音の三仏が安置されています。
そばで見るととても大きく、金色に輝いていて圧倒されました(^^♪
奥には干支の守り本尊も安置されていました。私の申年は大日如来で宇宙そのもの、全ての上に立つものとかいう意味でした。
(うろ覚えでスミマセン(汗))

さて次はメインの東照宮本宮です。
東照宮は楽しみにしていたのですが、この日はよさこい祭りを開催していたため、静かなお寺・神社を回りたかった私達にとっては興ざめでした。
東照宮本宮見学中はずっとよさこいの賑やかなBGMが流れっぱなしでした。
まず上の写真の「見ざる、言わざる、聞かざる」の前で写真を撮り、三猿のおみくじを引いてみました。結果はでした。
その後、有名な陽明門のところで記念撮影をして、中を見学しました。
ここの本地堂には龍の顔の下で拍子木を叩くと、鈴を鳴らしたような音がするという鳴龍の絵が天井一面に描かれていて、実際に慣らして実演してくれました。
ここで、記念にお香の香り付きのお守りを購入しました

さてさてお次は二荒山神社(ふたらさんじんじゃ)です。ここは日光山内で最も古い建造物ということでした。
外にあった御神木の杉の木が立派でした。

さらに、奥に最後の家光廟大猷院がありました。ここには石段を上がると二天門があり、持国天と広目天が祭られていました。
裏側には風神・雷神が安置されていて4色の神という感じでありました。
ここまでくると、よさこいのBGMも聞こえることはなく、ゆっくりと回ることが出来ました。

この後、鬼怒川にあるホテルに向かったのですが…。その話はまた後日。
長々、読んでくださった方、ありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : 旅行記 - ジャンル : 旅行

EDIT |  13:03 |  日記  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

郁佳の今日の一言

Sky Clock

カレンダー

アクセスカウンター

オンラインカウンター

お気に入りLinks

BlogPetのMarine

FC2ブログジャンキー

FC2ブログランキング

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

インフォメーション

プロフィール

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

鑑定書

占いモンキーなび

ブログ内検索

お薦めサイトバナー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。